ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
イメージ


ビオバンドとは
熱源を使用しない半永久温体維持が出来る装着具です。
(アメリカ合衆国特許取得済)

ビオバンドの特徴は、
1.体内の水分と血管内の水分子に振動を与えながら、
熱伝播を早める作用があります。
この作用が血液を積極的な動きに変化させ、
毛細血管の先端まで血液を送ることができ、
酸素が行渡って体温が上昇します。

2.肩こりや筋肉の歪みは、タンパク質間の「水素結合」が強まり、
筋繊維の構造を維持していた水の分布が偏って、
機能が弱まることで現れます現れます。
ビオバンドは水分子に振動を起こし、
「この「水素結合」を妨げて水の機能を復元します。
それにより、筋繊維の周りに常に正常な水分を保ちます。
この作用は筋繊維だけに留まらず、
体全体の水分へ作用します。





 現在使用して2ヶ月半くらい経過(2008/8/31現在)。
 体調がかなり良い。
 夏はクーラー等で体が冷え、夏風邪を良く引くのだが、
 今年は大丈夫だった。
 今年の1月に血糖値が300以上になり、投薬及び運動療法を6月まで行っていたが(体重10kg減)、6月後半から仕事が忙しくなり、通勤をバイクに変更した。
 それに伴い、食事も元のような食事内容になり、
(量が多く、炭水化物好き)
 体重も6kgほど戻ってしまっていたときに、
知り合いから紹介され購入した。
 最初は母親に付けさせたら(足首に巻いた)、
すぐに足の指先が暖かくなり、装着して1週間しないうちに冷えが改善された。
 立ち仕事もかなり楽になったといっていたので、
 もうひとつ購入して、自分でつけた。
 最初は足首に巻いたのだが、すぐに痺れるような感じになり、
日を追うごとに、気分が悪くなってきたので、手首に巻いたら嘘のように体調がよくなり、7月の健康診断では驚いたことに、かなりの数値が改善されていた。
 それまで、再検査項目が多かったのに、白血球の増加だけで、これはちょうど鼻炎が酷かった時だったため増加したと思われる。
 肝臓やコレステロールも突出したものは見られなくなった。
 血糖値も運動や食事コントロール、投薬をしていなかったのに、
300から、満腹時の付加血糖値で160位まで下がったのは驚き、
それと、通風の発作が出にくくなっている、尿酸値も10はあるのだが、無茶な食べ方をしても、出なくなったのには驚いた。
これで、食事コントロールや運動をあわせればさらに改善が期待される。





管理人の腕に装着
ビオバンドの取扱店

あまびこ堂 

注意事項:
当サイトで紹介している製品は、
株式会社ボロン研究所で製造しているものです。
当サイトでは管理人が使用した感想等が記載しています、
その使用感および効果、また、当サイトへのクレームを、
製造元である株式会社ボロン研究所へは絶対に行わないでください。
現在の閲覧者数

トータル
フッターイメージ
inserted by FC2 system